冷え性とは?

冷え性とは、血液循環が悪くなることによって身体全体が寒さを感じるわけでもないのに体の一部、特に手足や腰、おなかなどが常に冷たいこと、またはその体質をいいます。
他の体の部位は特に冷たいと感じない、低体温でもないのに特定部位だけが冷える、足手などの末端部分は冷たいのに体は火照っている、
顔だけは熱いなどといった状態が半年以上続いている場合「冷え性」と言いますが、症状の表れ方や要因は様々です。

 

一般的には、運動不足やストレス、偏った食生活によるタンパク質、ビタミン、ミネラル、脂肪などの栄養不足、貧血や冷房の当たりすぎなどを要因とし血液循環が悪くなり
その結果、冷え性になりやすいと言われています。

 

冷えは、頭痛、めまい、肩こり、手足のしびれ、胃もたれ、疲労感、動悸、腰痛、不眠、肌荒れなど体に様々な不調をもたらすこともありますし、
冷えは万病のもと!と言われるように病気の前兆だったり、貧血、糖尿病、腎炎、心臓病、卵巣機能障害、栄養失調、心不全などの病気が
潜んでいる場合もありますので、たかが「冷え」と放っておくのではなく半年以上特定部位に「冷え」を感じるようであれば医師に相談したほうが良いでしょう。

 

ただ、西洋医学的には冷え性という病気はなく、全身倦怠、疲労感、微熱感、頭重、頭痛、のぼせ、耳鳴り、しびれ感、動悸などを患者が訴えても
診察や検査の結果どこが悪いのかはっきりしない場合と同じように、「不定愁訴」のひとつと判断されることも多いのですが、
冷えが長期にわたっている場合「冷え性」と診断され血液循環をよくするために治療が施されることもありますし、
検査の結果、思わぬ病気が発見されることもありえますので、冷え性は、体質&遺伝だからしょうがない、と放っておかないで、
安心のためにも一度専門医に診ていただき、病気が潜んでいないようであれば、生活習慣を見なおすなどの指導を受け、血液循環を良くするように改善していくと良いでしょう。

 

冷え性は、女性特有の不定愁訴!と言われることもあるように女性に多く、男性にはほとんど見られないのが特徴です。
もちろん、男性の中にも冷え性の方はいらっしゃいますが、男性に比べ女性の比率が非常に高く、女性の2人に1人は冷え性に悩んでいると言われています。

 

また、自覚症状がない隠れ冷え性の人もいるそうですから、その人たちを含めると2/3近くの女性は「冷え」という問題を抱えていることになるかもしれませんね。

 

様々な要因が絡み合って冷え性が起こっていることも珍しくありませんので、「冷え性」かもしれない?と思われる方は、
まずは冷え性解消の糸口とも言える「要因&原因」を探ってみませんか?

 

冷え性とサプリメント

私たちの体を作り、健康をサポートしてくれる「食」。
食生活は、健康維持のために最も重要であり、「冷えやすい体を作らない」「冷え性を改善する」ためにも大切な要素となります。

 

食べ物には、体を温める効果のある「陽性の食べ物」と体を冷やす効果のある「陰性の食べ物」、それからどちらにも属さない「中性の食べ物」とがあり、
冷えやすい人や冷え症の人は、陽性の食べ物を積極的に摂取するのが良いと言われていますが、
だからと言って陽性の食べ物だけを摂取していれば良いか?!と言えばそうではなく、陽性の食べ物を中心に陰性の食べ物&中性の食べ物もバランス良く摂取する必要があります。

 

食生活そのものが、そうであるように、やはり冷え性にとっても栄養価を考えバランス良く、三食きちんと食べることが大切で、いくら冷え性にとって体を温める作用がある
陽性の食べ物が良いといっても、陰性や中性の食べ物を全く食べなければ栄養が偏ってしまい、代謝も低下してしまいますし、血液循環も悪くなってしまいます。

 

体の保湿に大切なタンパク質を始め、神経系の働きを活発にしてくれるビタミンB、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類、造血をサポートしてくれる鉄分や、
栄養価の高い旬の食べ物を取り入れつつ、陽性の食べ物を中心に、体を温める効果のあるスパイスを加える、陰性の食べものは出来るだけ加熱して食べるなど
調理法を工夫してバランスの良い食生活を送っていきたいものです。

 

しかし、そうは思っていても、忙しくてバランスの良い献立を考える時間がない、毎食もしくは3食バランス良くキチンキチンと食事をとるのは大変という方も多いのではないでしょうか?特に、一人暮らしの方や仕事の都合で外食が多い、という人にとって理想の食生活を送るのは難しいものかもしれませんね。
そういった方には、不足しがちな栄養素と一緒に血行不良を改善し血流促進をサポートしてくれる作用のあるサプリメントがオススメです。

 

冷え性サプリメントの成分として有効とされているのは、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、アントシアニン、アミノ酸、松樹皮ポリフェノール 、マカ、
ピペリン、ヘプロニカート、高麗人参やコラーゲンなどです。

 

サプリメントは、薬とは違って即効性があるわけではありませんし、サプリメントだけ飲んでいれば治るというものではありませんが、普段の食事にプラスアルファすることで
冷え性改善に大いに期待が持てるはずです。

 

購入の際には配合成分をよく見て、不足しがちな栄養&補給したい成分の入ったサプリメントを上手に選んでいきましょう。

 

 

メンズエステを女性はどのように捉えているのか?

エステと言ったら女性のためのエステとして人気になっているのですが、しかしここ最近ではエステは女性のためだけではなくて男性のエステも存在していて多くの男性がメンズエステに行ってエステをしてもらうようにしています。
なのでエステは誰でも通ってキレイになれるようになっているのですが、ただここで気になってしまうのはメンズエステを女性がどのように捉えているのかです。
メンズエステを利用していない男性ではメンズエステに通う男性を女々しい人と捉えてしまっているので、そう思われたくない男性が多くメンズエステに行きたくても行けない人もいらっしゃいます。

 

では女性はメンズエステをどのように捉えているのかですが、女性はメンズエステに通う人を自分の容姿をきちんと気を配る人だという意見が圧倒的に多くなっています。
女性にとってとても清潔感がある人を好むようになっていますので、メンズエステに行っている人のほうが良いとしています。
ですので男性にとっては女々しいのかもしれないのですが、女性ではメンズエステに行っている方が良いですので、男性でもメンズエステに行って清潔感がある男性になれるようにするのが良いですね。

 

最近ではメンズエステはかなり多く存在をしていますので、まずはメンズエステを選ぶようにするのが必要としています。
メンズエステで一番参考になってくれるのが口コミになっていますので、口コミを参考にするようにして効果があるそして安いメンズエステを探すようにしてから通うようにしてください。
参考サイト:神戸のメンズマッサージ

引越し料金を安上がりにしよう

一番引越しする人が多い時期は、4月からの入学、新社会人、新年度のスタートの人たちが引越しする2月から3月と言われています。
引越し業者もこの時期は忙しくなるため、料金は高めに設定しているのです。他には、大安吉日は縁起が良いとされて人気があります。これらの日やシーズンは、多忙につき臨時増員しており、引越し会社も人件費などの関係で、どうしても割り増し料金にせざるを得ないようです。
また、土日や祝日は休みの時に引越ししようという人が多くいるでしょう。
時間帯でいうと、午前中からスタートして午後にはゆっくり片付けしたいという人も多い人気の時間帯ですね。
値引き交渉したい方は、11月から1月はオフシーズンといって、引っ越す人も少ないのでこの時期を狙って見ましょう。
引越し会社も営業を休むわけにはいかないので、割引をしてでも仕事を引き受けたいというところがほとんどなのです。
平日の仏滅などで時間はお任せ、11月から1月の間に引っ越すとかなりお得になるということになります。
荷造りや荷解きは自分でするとさらに合計金額は抑えられます。
梱包類やクッション素材は業者から無料提供されない場合は、自分でスーパーなどから無料でもらえるか聞いて見ましょう。

 

自分で色々工夫することで、ハイシーズンとは比べ物にならないくらい安くあげることが出来るでしょう。

更新履歴